トップページ

市町村地域福祉計画について

地域福祉実践計画の策定について

関係資料

 

厚生労働省 地域福祉計画

 

厚生労働省 地域福祉計画

 

 

 

 

  地域福祉実践計画とは

 地域福祉実践計画は、「わがまちの社協がどのような福祉のまちづくりをめざしているか」を地域住民に明らかにするものです。本会では、北海道内の市町村社協が地域での課題に対応すべく、地域福祉実践計画の策定推進を呼びかけてきました。
 市町村社協が地域福祉実践計画を策定することの意義は、次のとおりです。

 

【地域福祉実践計画策定の意義】

@

計画づくりをとおして、地域住民や地域福祉に関わる関係者が地域の生活課題を共通に認識するとともに、地域福祉活動の目標について合意形成を図ることにより、お互いの役割分担や協力して行う活動が明らかになる。

A

計画づくりをとおして、住民や地域福祉にかかわる関係者が社協活動への理解を深め、社協活動への協力体制が構築される。

B

長期計画を策定することにより、地域福祉活動が体系的にすすめられ、住民の参加や関係機関団体等との連携がとりやすくなる。

C

民間(住民)の地域福祉活動の展開が明らかになることにより、市町村の行政計画への連携促進が図られる。

D

体系的な地域福祉活動の展開により、財政対策等が計画的に進められることが可能となるとともに、市町村行政、住民の協力が期待される。

E

民間(住民)の地域福祉活動が豊かに用意されることで、福祉サービスの総合化が推進される。

 

 また、計画の前提には、地域住民の合意形成と協力体制の構築があるため、次の基本理念を常に念頭に置く必要があります。

 

【地域福祉実践計画の基本理念】

T

地域住民に向けて発信されるものでなければならない。

U

地域住民が見て、理解できるものでなければならない。

V

策定や計画推進の過程で、地域住民の意向が反映されるものでなければならない。

W

地域住民がその内容に共感し、自ら参加・協働できるものでなければならない。

 

 つまり、住民とともに創り上げ、住民とともに進めていくのが「地域福祉実践計画」と言えます。
 地域福祉実践計画は、その計画を多角的な形で表現するため、「地域福祉活動計画」と「社協発展強化計画」という二本で構成されることが多いです。「地域福祉活動計画」は市町村社協が中心となって推進する活動の実施計画で、「社協発展強化計画」は市町村社協の組織や運営、経営の強化計画です。それぞれが独立した計画ではなく、長期的な活動とそれを支える体制問題を組み合わせていくことで、社協の計画として、より実行力のある内容にすることができます。

 

 

 

 

Copyright (C) 2012 地域福祉実践計画 All Rights Reserved.